土井まなぶ ネット集客クリエイター

Facebook広告講座始まりました

SEOに効果のある中古ドメイン選び方と使い方のコツ

WRITER
 
中古ドメイン選び方







この記事を書いている人 - WRITER -
Web集客クリエーター 土井まなぶ です。美容サロン経営者でもあり、IT分野においてインハウスSEO及びアフィリエイトの著者でもある。セミナー・コンサルティング・会社や店舗のホームページ活用サポートで活動中。Web集客の相談はお気軽にどうぞ。
詳しいプロフィールはこちら

中古ドメインとは、オールドドメインとも呼ばれ、過去にサイト運営されていたドメインです。

ドメイン更新期限が切れてしまい、管理者がいないドメインは過去に使われていたため中古ドメイン(オールドドメイン)となります。

ウチも中古ドメインはいまも500個以上(一時期、1000個以上あったが半分に減らしました)運用していて、SEOにおいて中古ドメインの選び方や使い方が成果を出すポイントになると考えます。

そこで今回、SEOで効果のある中古ドメインの選び方と探し方をご紹介します。

また中古ドメイン選びで失敗しないためのチェックポイントを自身の経験に基づき書きました。
良質な中古ドメイン販売サービス業者の情報も参考にして、検索上位を実現してください!

 

中古ドメインを使う場合のメリットとデメリット

 

中古ドメインは「中古車」と同じで、選び方次第で当たりはずれがあるように、オールドドメインも良い結果を得られたり、まったく効果がえられなかったりします。

ただメリットとデメリットをキチンと理解したうえで使うと効果は出ますのでポイントは抑えておきましょう。

 

中古ドメインを使うメリット

 

中古ドメインにはドメインパワーががあるため使う人が今も多いです。

中古ドメインは過去に使われていた理由から、過去の運営状況によってはドメインに被リンクがついていることが一般的です。

新規ドメインの場合は、運営歴がないため被リンクが付いていません。そのため自然な被リンクを集めようと思うと3年5年と運営する必要があります。

ところが、中古ドメインの場合は被リンクが付いていることが多いため、購入時点で被リンクの評価が付いているドメインということになります。

通常の新規ドメインに比べてSEOに強くなっている場合が多く、検索上位表示されやすいためアフィリエイトサイトやサテライトサイトで運営されています。

 

中古ドメインのデメリット

 

良質な中古ドメインもあれば、最悪な中古ドメインもあります。

購入ルートによりますが、過去の運営歴において、スパム的な要素で使われていたドメインやGoogleからペナルティを受けているドメインがあり注意が必要です。
そのようなハズレドメインを取得するとGoogleにサイト自体キャッシュされません。

日常生活に置き換えると、中古車の購入で、故障車を選んでしまったた状態ですね。

中古ドメインを使えば検索順位が上がる」といいますが、「どこの販売サイトで中古ドメインを購入するか?」が大きなポイントになるでしょう。

そのため中古ドメイン購入サイトを間違わなければ、デメリットは特に気にしなくてもよいです。

 

 

中古ドメインの価格について

中古ドメインの価格はいろいろですね。見つけ方や購入ルートによって変わります。

たとえば自分で探せばドメイン導入費のみなので安いです。
ツールを使って探す場合はドメイン費用+ツール利用料金がかかります。

また中古ドメイン販売サービスのサイトを利用すると、一つのドメインあたり1000円~30万円以上とその差はあります。

価格が高いドメインは、運営歴が長く良質なドメイン(政府機関から)がたくさん被リンクとしてついているなど様々な要因により業者が値段を決めます。

ただ、中古ドメインを購入する前に調査したり、選ぶ判断基準が難しいと考えている方のために、今回、このページでは誰でも良質な中古ドメインを買える方法をご紹介していますのでご安心ください。

ちなみにウチの場合は一つ●万円前後で品質の良い中古ドメインを仕入れることが多いです。

 

中古ドメインのサイトはバブル真っ最中

 

最近、中古ドメインはいま爆上げなぐらい、順位が上がっています。(笑)

いまだけかもしれませんけどね。
しかし2018年は、中古ドメインサイトのバブルです。
しばらくはこの流れが続くと予想しています。w

 

2015年~2016年頃は、サイトの被リンクとして中古ドメインが使われていました。
たくさんの中古ドメインを使うことで検索上位表示させていました。

2017年はこれまで中古ドメインを沢山使って上位表示をさせていた人が、Googleからペナルティを受けて検索順位が下がり敬遠されていました。

実際に、順位が落ちた人は、中古ドメインが怖くなり使わなくなった人も。

しかし被リンク無しで検索順位を上げるにはかなり厳しいですね。w
僕の周りで上手に上位表示している人は全員、中古ドメインを活用し被リンクとして使っています。

 

中古ドメインを使う理由

 

やはりドメインパワーがあるからです!

もちろんSEO対策において内部要因は大きいです。
しかし、ホワイトハットと呼ばれている被リンクがゼロの内部対策だけでは上がりません。

そんなことないよ!と思っている方は調べてみてください。w

検索ボリュームが1000以上のキーワード検索結果で、1~10位のサイトで、被リンクがゼロのサイトがあるでしょうか?

必ず上位表示サイトには、被リンクはついています。

 

自然に付いているとか、意図的につけているとか関係なく、被リンクは被リンクであり、人が勝手にホワイトやブラックと言っているだけ。

Googleはホワイトやブラックという表現はしていませんよ。(笑)

 

話は戻りますが、上位表示しているサイトには被リンクが付いているということ。

つまり、Googleは外的要因(被リンクの評価)も、検索要因の指標として評価しているのだと解釈しています。

 

 

良質な中古ドメインをどこで探すのか?

 

良質な中古ドメインの探し方としては次の3つがあります。

①中古ドメイン検索ツールを使う
②海外サイトでドロップアウトしたドメインに入札する
③中古ドメイン販売サイトで購入する

 

①中古ドメイン検索ツールを使う

 

僕のパソコンには中古ドメイン検索ツールが眠っています。(笑)
もう何年も活用していませんが、使わなくなった理由は良質なドメインが取れないことが多いからです。

世の中には捨てられたドメインがたくさんあり、その中からある一定基準以上のドメインを探すわけですが、ツールをつかってもそう簡単に見つかりません。

一日中ツールで探して、1個みつかればいいほうで時間ばかり取られ成果が得られないという結果に。

みんな考えていることは似ていて、楽に良いドメインを取りたいということ。
であれば、次の2つは良いと思いますのでおすすめです。

 

②海外サイトでドロップアウトしたドメインに入札する

 

アフィリエイター仲間でドメイン販売している人と出会って、その方から中古ドメインの仕入れ方法を学びました。

そして中古ドメインを自分で仕入れて使っていた時期があります。

海外のオークションサイトで購入していました。

良質なドメインはツールよりも数倍見つかるのはよかったのですが、これが結構大変でした。

というのも、FXのように画面に張り付いておかないと良いドメインを獲得できない。

しかも大量にドロップアウトしたドメインが流れてくるので、その中から一つ一つ精査しないといけないのです。

アフィリエイター向け市場で、一個1~2万円で売られているドメインが、一個3千円以下で購入できるので安いのですが、まぁ時間と労力が必要になり大変ちゃありゃしない・・・。

そのためそこまで中古メインを探す時間とかける人材費用がもったいないので、いまは業者から購入しています。(笑)

 

③中古ドメイン販売サイトで購入する

 

これから紹介する中古ドメインは、かなり良質なドメインを取り扱っています。

というのも、これまで自分で探したりしていてドメインの質は把握しているので、扱っているドメインが業者によってレベルが違うのを知っているからです。

どうせ買うなら良質なドメインを取り扱っている販売サイトで購入すべきです!(キッパリ)

 

ちなみに中古ドメイン販売業者には大きく分けて、3つの業者タイプがあるのをご存知でしょうか?

①良質なドメインを仕入れ●●する業者
②良質なドメインを●●できる●●が▲▲たドメインを●●する業者
③良質なドメインを●●できる●●が▲▲たドメインを●●する業者があり、その●●がさらに●●ドメインを●●する業者

アフィリエイターやSEOで順位を上げたい人は、●●の中古ドメイン販売サイトで買いたいですよね。

その方法を言いますね。

とその前に、大切になるのが中古ドメインの選ぶ基準です。

先に中古ドメインを選ぶ基準に触れておきます。

 

中古ドメインで失敗しないための選ぶ基準

 

良質なドメインを取り扱っている販売サイトに登録すると、販売している中古ドメインの品質を見ることができます

⇒ 中古ドメイン販売サイトがこちら。

 

中古ドメインには、バックリンクがついているのですが、よく勘違いされるので記載しておきます。

バックリンク【BL】・・・リンクの数

バックリンクドメイン【BLD】・・・ドメインの数

バックリンクが多くても、バックリンクドメインが少なければ、少ないドメインから大量のリンクが送られているドメインになるため、優良ドメインとは言えません。

 

中古ドメインの選定方法

ここからはあくまで僕自身、実際に10年以上中古ドメインを使ってきて、選ぶ基準というものを自分で習得したものになります。

そもそもSEOに100%正解というものはなく、ヒットを積み重ねて、このようなドメインを選ぶと確率的にいいよねというモノサシになります。

もちろん、確率的に良いと思って使ってみたけど、思った効果を得られないドメインもありますが、サテライト用ドメインとしては十分活用できています。

以上を踏まえて、僕の選び方以外に良い選び方が出てくれば選ぶ基準の一つとして加えていただければ、さらに確率は上がっていくと思います。

ということで・・・

中古ドメインを選ぶときの最低基準、ここを見た方がいいというものがあるので下記に書きました。

絶対ではありませんが、確率的に中古ドメイン選びの失敗はかなり減りました。

 

では、ウチが行っている中古ドメインの選び方を公開します

 

1、中古ドメインの購入は販売サイトを使う
使うのは「パイレーツドメイン」又は「中古ドメイン屋さん」です。

弊社では中古ドメイン販売サイトを使っていますが、理由は●●を●●できるからです。

万が一、購入ドメインが●●ていたり、使用後●●た場合、●●だと●●してもらえるからです。
実際、●●と中古ドメインはわからない●●があります。

●●の●●は●●ほうがいい。
弊社の目安としては、ドメイン取得後すぐにコンテンツを5ページぐらい作成後、3日でキャッシュされれば優秀ドメイン。遅くても1週間以内を目安としています。

もし1週間以上経ってもキャッシュされない場合は、●●して●●確認します。ついでに「●●」で●●を回します。

万が一、●●ていた場合は、●●に連絡しましょう。
(1000個以上購入していますが、●●たドメインは2個でした。すぐ●●してくれました。)

 

2、中古ドメインを選ぶなら●●がある程度ついているモノを選ぶ

中古ドメインを選ぶ場合、注目したほうが良いのが20~●●ついている●●のドメインです。

ただし、BLDが20~●●個ついていても、BLが●●個以上付いているドメインは選びません。
理由は、同一ドメインから大量のリンクがでているため被リンクとしての効果は薄いと感じる。

理想は、BLD●●個付いているとしたら、BLも●●個がいいです。
しかし、このようなドメインは、滅多に無いので、BLDの●●倍ぐらいまでを目安にしています。

中古ドメインをよく活用されている仲間から聞いた話だと、●●が1000を超えても問題ないと言っています。
自分で試してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

3、中古ドメイン屋さんで購入する場合のコツ
中古ドメイン屋さんの場合、被リンクがトップページに何パーセント入っているか表示してくれています。
トップページにリンクが●●%以上(できれば●●%)のドメインを選ぶ。
低品質リンクの数字は●●以下(できれば●●以下が理想)

中古ドメイン選び方

中古ドメイン選び方

 

中古ドメイン屋さんのデータは親切ですね。
詳しく表示してくれています。

ちなみに、パイレーツドメインの場合は、●●で被リンクを目視しましょう。

 

4、公共機関・教育機関からの被リンク

やはり公共機関や教育機関からの被リンクが入っているドメインだと、被リンクの●●が良いのですが、中古ドメインの価格も1万円を超えることが多いです。

弊社で公共機関や教育機関からの被リンクが入っているドメインを使う場合は、●●用の●●ドメインとして●●することが多いです。

しかし、公共や教育リンクは●●しすぎると大変になるため、弊社ではそこまで●●していません。

 

5、ソーシャルリンク入りのドメイン

Facebookなどからリンクが入っている中古ドメインも多く販売されていますね。

弊社ではあまり気にしていませんが、購入したドメインに入っていたらラッキー程度です。
もし入っていなくても、Facebookではありませんが、特典に書いている方法で●●を入れることができます。

 

6、Ahrefsを使って調べる
ahfesは有料ツールになります。(無料でも3回ぐらいは調べられるかもしれませんが制限かかります)
有料は月額1万円ですので、もし使える方はahfefsも活用したほうが、よりドメインを分析できます。

うちでは必ず活用していまして、ahfefsの●●を見ています。

中古ドメイン選び方

そこでウチでは●●以上あればOKとしていますが、DRが●●以上あれば最高です。
たまーに、DRが●●以上のドメインがありますが結構、値段が高い傾向。

 

ドメイン選びで特に気にしていないこと

・中古ドメイン屋さんの●●
・パイレーツドメインの●●

参考程度には見ますが、重要視するほど気にしていません。
なぜ気にしていないのかというと、●●からです。(笑)
実際に自分で●●て使うほうが●●できますし、自分自身のデータとして●●をあげていく方が良いので。

 

こんなドメインは購入しません

・過去、●●サイトで利用されていたドメイン
・中国、●●で利用されていたドメイン

 

ドメイン購入のよくある質問

例えば、予算3万円だとした場合・・・
3000円のドメインを10個買った方が良いのか?
10,000円のドメインを3個買った方が良いのか?

このような問題が出てくることがあると思います。

ウチでは●●を選択します。
メインサイトに使うにしても、サテライトサイトにするにしても、●●で勝負したほうがいいというのが私の考えです。

上記の選考基準である程度よさげなドメインを●●購入したほうが、活用の幅は広がります。

 

以上が、弊社で行っている中古ドメインの選び方になります。

 

 

ここから以下は●●の情報となります。

 

取得後、どのようにして使えばよいか、

今回●●された方限定として書きました。

 

特典:中古ドメインの使い方

 

中古ドメインの使い道ですが、何でもかんでもバックリンクにすればよいということではありません。

ウチの場合、中古ドメインは●●用と●●用に分けています。

・●●向きの中古ドメイン
・●●向きの中古ドメイン

があります。

 

メイン用のドメインとして使ってみたけど、サテライトサイトにしたほうが良い場合も割合は少ないですがあります。

もし中古ドメインを使う場合は、メインで使うのかサテライトサイトとして使うのか●●てから選ぶようにしてみてください。

 

ウチでは、メイン又はサテライト用にする中古ドメインを次の基準で選んでいます。

メイン用:●●が20~30、<ahrefs>●●以上

サテライト用:●●30~50、<ahrefs>●●以上

 

サテライト用のほうが、若干数字が大きいイメージです。
ちなみにサテライトもメインも●●が●●以上は購入しないようにしています。

これは僕の判断基準でこうしているだけで正解ではありません。
あくまで経験値で、これくらいがいいと自分で決めて使っています。

もし自分で納得したくていろいろ取りたいと思えば使ってみて自分で判断してみてくださいね。

 

ドメインがキャッシュされているという前提でいいますね。

メインで使ってみたけど、上がらない場合は、●●用として活用しています。

選ぶ●●をもって購入しているので、悪い影響はこれまで起きていません。

 

ソーシャルリンクについて

ソーシャルリンクの効果ってあるって言われていますが・・・どう思いますか?

僕は●●と思っています。

 

実は誰でも簡単にこのソーシャルリンクを入れることは可能です。

効果があるかないかは別にして、ソーシャルリンクとして認識される方法です。

やっている人はやってると思いますが、そのやり方をお伝えします。

ただし悪用はしないようにしてください。

 

そのソーシャルリンクは、

「●●」を使います。

 

「●●」のやり方です。

まず、アカウントを持っていない場合、異なるメールアドレスでアカウントを●●作ります。
※連続で●●するよりも、●●ほど開けて作成

 

サイトにコンテンツを作成しアップしたら、そのコンテンツで狙うキーワードを●●書き出します。

 

例えば「ダイエット青汁」のコンテンツとした場合。

 

●●するときに、このように記載して●●します。

「●●●」

 

他のアカウントでも上記の同じ●●を●●します。

 

30分以内に●●のアカウントで●●するのがポイントです。

これでソーシャルリンクが入ります。

 


 

伏字をお読みになりたい方には、有料でお読みいただけるようにしております。

伏字の部分がわかる方は購入されなくても大丈夫です。
有料版のコンテンツ記事購読は下記ページよりお申込みくださいませ。

価格3万円(税込)

中古ドメインでガンガン上位表示させたい!という方は、今すぐお申込みください。

 

販売は突然終了する場合もございます。
予めご了承ください。

 

 

 

検索上位表示
SEO上位表示line

無料E-book【Manabu式】インターネット検索で「見込み客」を自動的に集める方法

無駄な時間を使わず、上位表示する方法
狙ったキーワードで見込み客を集める方法
売上を上げる上位表示対策の改善策
キーワードの決め方とサイト分析の方法

などなど、

僕が実践しているノウハウをE-bookにまとめました。

検索上位表示

この記事を書いている人 - WRITER -
Web集客クリエーター 土井まなぶ です。美容サロン経営者でもあり、IT分野においてインハウスSEO及びアフィリエイトの著者でもある。セミナー・コンサルティング・会社や店舗のホームページ活用サポートで活動中。Web集客の相談はお気軽にどうぞ。
詳しいプロフィールはこちら
土井まなぶ 商業出版書籍はこちら


インハウスSEO 成功のための実践テクニック (Webマーケティングのプロテク)/ソシム
著者:土井まなぶ



副業で100万円稼ぐ! カンタン最強アフィリエイト サイトアフィリエイト編/ソシム
著者:土井まなぶ









Copyright© 土井まなぶ ネット集客クリエイター , 2018 All Rights Reserved.