アフィリエイト案件はどれを選べばいいの?アフィリ広告の選び方

サイトアフィリエイトの案件選びに悩んでいる方に

サイトアフィリエイトでどんな広告を選べばいいの?頑張っても思うような成果が上がらないのは広告選びがまずかったのかな?とお考えではありませんか?

広告の案件によって着地点がそれぞれ違うからです。しかも、成果が上がっても承認されないと報酬に繋がりません。アフィリエイターの最終着地点は「成約」を取ることです。

本記事では、下記の内容をお伝えしていきます。

・アフィリエイト広告の種類をまず知る。
・失敗しない広告の選び方

 

アフィリエイターの土井まなぶです。
2005年よりアフィリエイトに取り組み法人設立。現在、アフィリエイトの個人コンサルも行っています。
これまで「インハウスSEO」「サイトアフィリエイト」の2冊の書籍を出版しています。→ プロフィールはこちら

アフィリエイト広告の種類は2つ

アフィリエイト広告は大きく分けて2つあります。

「どちらをすればよいですか?」とよく聞かれますが、「両方ですね。」と回答しています。
選択肢はありません。両方やってみると自分が得意な方がわかります。

 

申込系広告の選び方

申込系を選ぶときに気を付けたいのは「着地点」です。
申込みで承認されるのか?それとも、申込後の電話対応又は来店及び利用で承認されるのか?を確認します。

もちろん前者の方が承認率は高いです。申込完了で承認ですから。

不動産査定や車査定、不用品買取りの案件などがありますが、単価で決断せずに着地点で判断しましょう。

 

販売系広告の選び方

サプリメントや化粧品、コンタクトレンズなどの案件が販売系広告になります。
サイトで紹介して広告サイトで購入されたら、販売額の数パーセントがアフィリエイト報酬になります。

販売系広告を選ぶポイントは、認知度です。世間一般に知られている商品やCMや広告などで見かける商品、有名人気ブランドなどは認知度が高いため、購買意欲が高いユーザーが集まります。

物販アフィリエイトで稼ぐためのサイト構成を学びたい方は・・・

 

広告選びに迷ってしまう場合

申込系広告でも、物販系広告でも、いろいろアフィリエイト案件があって、どれがいいのか迷ってしまうことが昔はよくありました。

そんな時にすぐ解決する方法がASPに質問です。

ASP担当者に聞く

アフィリエイト始めたばかりの方で、ASPに担当者がいないという場合でも問題ありません。

ASPには管理画面のどこかに問合せフォームが設置されていますので、そこから質問してみましょう。
※ただし要点はまとめて短めで質問すること。あれもこれもと質問するのではなく、知りたいことを一点に絞るのが回答を得られるコツです。

 

ASPに聞いた時に感じたこと
広告について質問したら、該当する広告をエクセルにまとめて詳細をわかりやすく提示してくれていたのには、大変ありがたかったです。ASPによって対応も違いますが、聞くことで何かえられることもあるのではないでしょうか。

 

広告で失敗しないための選ぶ基準

ウチで重視しているのは、単価よりも獲得数です。なぜなら、獲得数が増えると見込めば単価は交渉で報酬がアップできるからです。しかもヤフー広告やGoogle広告をする場合は特別単価も用意してくれる案件もあります。

単価よりも獲得件数

私の場合は単価が高いから選んだ案件は、あまり上手くいった試しがないので。
承認率も悪かったり・・・したことがあったので単価よりも数を意識しています。

 

本記事のまとめ

アフィリエイト案件には「申込系広告」と「物販系広告」があるとお伝えしました。

単価に迷わされて選ぶのをミスする人が多いです。

アフィリエイト広告は、認知度や承認率も確認しながら、案件を選ぶことも大切です。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

Manabu

Web集客の相談窓口のManabuです。美容サロン経営者、IT分野ではインハウスSEO及びアフィリエイトの著者。検索順位を上げるための施策や対策をお伝えし、Web集客に強い企業になるためのホームページ活用をサポートしています。Webのご相談はお気軽にどうぞ。