土井まなぶ ネット集客クリエイター

Facebook広告講座始まりました

小さな店舗のWeb集客 新規店が3年後に経営が厳しくなる理由

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Web集客クリエーター 土井まなぶ です。美容サロン経営者でもあり、IT分野においてインハウスSEO及びアフィリエイトの著者でもある。セミナー・コンサルティング・会社や店舗のホームページ活用サポートで活動中。Web集客の相談はお気軽にどうぞ。
詳しいプロフィールはこちら

店舗を新規オープンするときはワクワクするものです。

ただ今の世の中、オープンしてずっと忙しいお店はほんの一握り。
ほとんどのお店は閑古鳥が鳴いて必死でチラシや広告宣伝をしています。

飲食のチェーン店や初期投資額が多い店舗を持つ企業であれば、事前にマーケティングして出店しているので新規店の売上が赤字でも見込んでいるので他の店舗でカバーできます。

ただ個人店の場合はマーケティングしていたとしてもそこまで費用をかけることはできません。

 

ではどうしたらよいのか?

今の時代インターネットを活用するのは基本中の基本です。

ただどのようにしてネット活用すればよいのか知らない人も多く、かなり損をしている商売もみうけられます。

ホームページやブログをやっても上手くいかなった個人店の方も、集客で少しでも役立てていただけると嬉しいです。

今回Web集客コンサルタントとしても活動してきた中で、店舗のWeb集客するならこれだけはやっておいた方がいいと強く感じたことをご紹介します。

 

初めて利用するお客様は怖いと思っている

今は提供するサービスによってはリアル店舗を構えず、インターネットだけで商売している企業も増えていますね。

リアル店舗経営だと、初期費用が最低でも数百万~2000万円ぐらい必要になってきますが、インターネットで商売する場合は数十万円程度でお店を持てるためです。

リアルな店舗を構えるにしても新規オープンするなら、最低限ホームページとブログは持っている方がお客様にとって良いです。

なぜなら初めていくお店ってお客様は怖いからです。

まずはホームページ等をネットでチェックしてから利用するかどうか決めます。
特に飲食のお店や美容室などサービスはネットで確認していますね。

このホームページがなければ調べようがないので、その人にとって店舗を利用する選択肢から外れてしまいます。

どうしてもネットが苦手という場合、ホームページを持たなくてもブログだけでもやって、どんな雰囲気のお店なのかを伝えておくことが大切です。

 

ホームページとブログの特徴

ホームページ

最近ではブログ型ホームページが多くてブログを組み込まれているホームページが増えています。
ホームページで使うドメインは、ブランディングの意味もありますので必ず企業名又は店舗名でドメインを取得するようにしましょう。

レンタルサーバーとドメインを取得で年間2万円以内ですし、ホームページはWordpressと有料テーマで1万円ぐらいで買えるので自分でやろうと思えば安くできます。

お金があって時間を無駄にしたくない方はホームページ業者に依頼しましょう。
ホームページ業者を選ぶコツは、価格で選ぶよりも信頼重視で依頼したほうが失敗がありません。

うちでも年間20店舗ほどホームページ業者を紹介させていただいています。

 

ブログ

ブログとは簡単に説明すると日記のような日々の情報をお客様や興味のある方に届けるWebサイトです。

アメブロやYahooブログというような無料ブログサービスブログもありますが、無料版は必ずどこかのお店の広告が出てきます。

理由はブログ運営の企業が無料でブログを使っていただく環境をつくるかわりにみんなのブログで広告収入を得ているためです。

せっかく更新しても無料版では広告をクリックされると、他のお店のホームページに飛んでしまうため意味がありません。

店舗でキチンとブログを運営していきたいのであれば、無料版ではなく有料版もしくは、ブログが組み込まれているホームページを活用しましょう。

 

SNSで集客する場合の特徴

SNS活用しているユーザーを獲得するならSNSの集客は無視できません。
とはいえSNSを上手に使いこなしている店舗も少ないのが現状。

そんなSNS活用でそれぞれの特徴をご紹介します。

Facebook

利用者年齢層30代~50代
店舗用のFacebookページを作成し、ページにいいね!をしてくれる人を増やす必要がある。
1日3000円ぐらいでFacebook広告を出すこともできるので活用してみよう。

 

LINE

店舗用のLINEプラスというサービスがありメルマガのように配信することで読者に直接メッセージを届けることができる。
ただ販促や売り込みが多ければ読んでくれないというデメリットもある。

 

Twitter

集客で使う場合Twitterアカウントを育てる必要がある。まずあなたのビジネスに興味があるフォロワーを増やすこと。
Twitterでつぶやく内容が良ければ一緒に店舗URLを貼ることで興味を持つ人が利用してくれる増える。

 

Instagram

画像や動画でユーザーにイメージを伝えることができる。
飲食店で流行っているのはお客様にインスタにアップしてくれたら割引サービス。

 

初期投資を最小限の抑えて集客する

新規オープンするなら初期費用は最小限に抑えることを考えながら、Web集客を強化していくことが大切。
SNSは広告を使わなければすべて無料で行えるのでおすすめです。

ホームページとブログは必要最小限で始めることができるのでやったほうがいい。

最初の集客でよく失敗するお店が多いのが販促の「広告」といわれるチラシ。

取り扱う商品にもよるが高い費用がかかるチラシを毎回、販促で出すわけにもいかないと思うのでインターネットの活用は考えていきましょう。

 

紙媒体の広告集客とインターネット集客の違い

紙媒体の広告集客の特徴は、新聞折り込みやポスティングによる利用者に届けることができるプッシュ型集客といわれている。

この広告集客はあなたのサービスを「必要としていない人」にも届くので半分以上はロスが生じます。

そのためチラシの費用対効果は1%あれば良いと言われているぐらい。

 

一方、インターネット集客は、ユーザーが検索して探して訪問してくれるためプル型集客です。

ユーザーは自分で行動しているため利用してくれる可能性が非常に高くなる。

ヤフーやグーグル検索で1位になるとその効果は絶大で、必要としてくれる人が利用したり来店してくれる人が増えます。

 

検索で上位表示されるには何をすればよいのか

あなたの店舗名が国内で一つしかない場合、店舗名で上位表示されるのは当たり前です。

ここでいう上位表示とは検索ユーザーが打ち込むキーワードでの上位表示です。

たとえば「業種+地域」「サービス名+地域」であれば、その地域で業種またはサービスを探している人だと想像できます。

 

Googleガイドラインにも書いてある通り、検索エンジンに正しく読み取ってもらうためにはSEOをする必要があります。

ただ作られたホームページでは検索結果のずいぶん下位にか表示されません。

参照:Google検索エンジン最適化スターターガイド<PDF>

 

経営者は少しでもSEOを学ばないと足元を見られる

ホームページをなんとか上位表示させて集客を楽にしたい・・・。

そう思って知らない業者に依頼したらえらい目にあった!

上位表示させて集客を頑張りたい気持ちはわかります。

しかし私のところに業者に依頼して失敗した経営者からの相談が年間10件以上きます。

 

そこでもお伝えしているのですが、ホームページやブログを上手に活用していきたいのでしたら、まずGoogle検索エンジン最適化スターターガイドを何度も読むことをおすすめします。

そのあと書籍なども合わせて読むとより理解しやすいと思います。

僕も書籍を出しているので、良ければ手に取って頂ければ嬉しいです。
インハウスSEO(Amazon)

 

専門家にコンサルタントを依頼する

自分たちではどうしようもなくアドバイスが欲しくなったり、さらに詳しく勉強しSEO対策に強くなりたいと感じたら専門家のサポートを受けると失敗がありません。

ただ専門家といってもお客様から聞くと二種類の専門家がいるようです。

・専門家自身がドメインをたくさん所有していてサイトを運営している「実践型専門家」

・しゃべりが上手で専門用語を並べて難しく傲慢に話す「口だけ専門家」

専門家を決めるときは料金が安い高いという判断よりも、キチンと最後までサポートしてもらえるかを重視して判断した方が良いでしょう。

 

自分でホームページを改善できるようにしておく

業者に依頼するのもいいですが、自分で改善することができればそれが一番ベストです。

業者に依頼すると更新するのに時間と費用がかかります。

しかし自身で行えるならすぐに変更が可能ですし時間ロスもありません。

またすぐに改善することができます。

弊社でも依頼があった店舗のページはSEO改善レポートを出しています。

それを見て改善されて検索上位表示したことによって集客できるようになり、売上が伸びている店舗もあります。

→ 無料のSEO改善レポート

 

最後に

今回は集客に絞って書きました。

経営者ならわかると思うのですが、本当は集客よりも失客を重視したほうがいいですね。

失客を防ぐというのは、バケツの底に大きな穴があいていてそこから水がダダ洩れしている状態です。

その穴を少しでも小さくすることによって固定客(ファン)が増えてきます。

やはり固定客が安定してついている店舗や商売は強いです。

また機会があれば失客を防ぐことについても書きたいと思います。

 

 

【こちらも合わせてお読みください】

 

 

 

検索上位表示
SEO上位表示line

無料E-book【Manabu式】インターネット検索で「見込み客」を自動的に集める方法

無駄な時間を使わず、上位表示する方法
狙ったキーワードで見込み客を集める方法
売上を上げる上位表示対策の改善策
キーワードの決め方とサイト分析の方法

などなど、

僕が実践しているノウハウをE-bookにまとめました。

検索上位表示

この記事を書いている人 - WRITER -
Web集客クリエーター 土井まなぶ です。美容サロン経営者でもあり、IT分野においてインハウスSEO及びアフィリエイトの著者でもある。セミナー・コンサルティング・会社や店舗のホームページ活用サポートで活動中。Web集客の相談はお気軽にどうぞ。
詳しいプロフィールはこちら
土井まなぶ 商業出版書籍はこちら


インハウスSEO 成功のための実践テクニック (Webマーケティングのプロテク)/ソシム
著者:土井まなぶ



副業で100万円稼ぐ! カンタン最強アフィリエイト サイトアフィリエイト編/ソシム
著者:土井まなぶ









Copyright© 土井まなぶ ネット集客クリエイター , 2018 All Rights Reserved.