ManabuDoi

サーバーがブラックリスト入り!?ドメインも感染する恐怖

Manabu
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Manabu
インハウスSEOとサイトアフィリ著書2冊/ヘアデザイナー/大阪→東京→パリ→大阪でサロン経営/(株)プレジャークリエーション代表取締役/店舗のWEB集客、サイトアフィリエイト、パーティヘアが得意/十二指腸潰瘍で吐血→完治まで15年/毎朝4時起床/趣味→ Les Mills program、CrossFit → プロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

 

以前運営していたドメインで2012年ごろサーバーがブラックリスト入りしていることが判明しました。

過去記事:ドメインがブラックリスト入りしてる?!

 

なぜサーバーがブラックリスト入りしていたことがわかったのか?

SEO対策をいくらしてもそのサーバーに入れていたドメインが上位表示しなかったのです。

「何かおかしい・・・」そう思ったので、これから紹介するところで調べました。

ドメイン又は使っているサーバーURLを打ち込むと、使用中のサーバーがブラックリスト入りしているかわかります。

わたしの場合2012年ごろに使用中だったサーバーがブラックリスト入りしていたわけです。

 

そのときの話の続きになりますが・・・

2018年以降もサーバーはかなり重要だということがわかっているので書きたいと思います。

 

なぜかSEO頑張っても上位表示しないとき

Webサイトを作ったら、みなさんSEO対策をしますよね?

たとえば半年以上経過しても、狙ったキーワードで20位内に入ってこない場合、サーバーを確認してみるのも方法のひとつです。

※基本的なSEO対策ができているという前提で書いています。

タイトルにキーワードも入れてライバルサイトよりもしっかりとしたコンテンツがあり、SEO対策は出来ているのであれば、ドメイン自体が検索エンジンに認識されていないことも。

要因はいろいろあり調べていくほかありませんが、なにかしらサーバーが悪影響を与えているコトで起きているのかもしれません。

 

 

ドメインを入れているサーバーを確認する

サーバーの状態を調べるには、調べたいドメインを下記のサイトで調べます。

→ https://www.aguse.jp/

 

ブルー表示であればOKですが、一つでも下記のように赤チェックが入っていると、使用サーバーがペナルティを受けています。

「バラクーダネットワークスが公開しているブラックリスト」と記載がありますね。

この状態はかなりヤバいです。(-_-;)

ドメインを入れているサーバーを確認

解決方法としては、契約しているレンタルサーバー会社にブラックリスト入りしていることを伝えることです。

数日するとブラックリスト入りしているサーバーが解除されることが多いです。

しかしこれですべて良しとはなりません。

下記を読み続けていただければ、その理由が明らかになります。

 

その前に、レンタルサーバーと専用サーバーの違いをお伝えします。
あまりサーバーに詳しくない方向けに書いております。

 

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーは共有サーバーとも呼ばれており、ひとつのサーバーをいろんな人で借りるサーバーになります。
複数人で使用するので使用料金は安く毎月200円~5000円ぐらいで契約できます。

イメージ的には、集合住宅のワンルームに数十人の人が住んでいるイメージです。

共有なので同居人のドメインに大量のアクセスがあると、どうしてもサイト表示スピードや重さに影響が出てきます。

 

専用サーバー

レンタルサーバーとは異なり、土地付き戸建て住宅に一人で住むイメージになります。
自分以外の他人は存在しないのでブラックリスト入りすることはほぼありません。

大量のアクセスがあってもサーバーが落ちる心配も少ないです。

ただし良い環境でWebサイトを運営するので毎月3万円~8万円ぐらいの費用はかかります。
その他プランにもよりますが初期費用も10万円~50万円ぐらい必要です。

大手企業やインターネットを欠かせない企業は、表示スピードと安全を買うという意味では価値があり使用している会社が増えています。

 

サーバーがブラックリスト入りするとは?

集合住宅の共有人の誰かが、スパム的なメールを大量に送信したりする場合。
またユーザーに悪影響を与えるドメインの使い方をして悪さをした場合にブラックリスト入りになります。

あなたが悪くなくても共有人が悪さをしたので、同じサーバーを使っている人すべて同罪リストになってしまいます。

私の経験では連絡したらサーバー会社は、ipアドレスから誰が何をしているのか調べることができるようです。
そして見つかり次第、悪人を排除するなど、何か対策をとってくれます。

しかし一度ブラックリスト入りしたサーバーは、評価が落ちたままの状態で良くはならないと感じました。

なぜそうおもったのか?

それはブラックリストから解除されてもSEOの現状が復旧しなかったからです。

 

そのため共有サーバーから専用サーバーに変えました。

すると順位はスグに上がり20位以下から3位内になったのには少し驚きました。

このとき専用サーバーの凄さを実感したのはもちろん、使用するサーバーの重要性が検索順位に影響するんだと実感しました。(※サーバーだけが影響するという意味ではなく、要因の一つという意味です。)

専用サーバーは表示スピードも速いですね。
ユーザーにとってもサイトの表示スピードが速い方がいいでしょうし。

運営者としてもブラックリスト入りするようなサーバーにドメインを入れるよりはいいのかもしれません。

 

 

GoogleがWebサイト運営者に求めていること

2018年1月18日ウェブマスター向け公式ブログで、
「ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します」とアナウンスがありました。
https://webmaster-ja.googleblog.com/

 

「これってモバイル検索でしょ?ウチには関係ないや・・・」

そう思う人もいるかもしれませんが、ページの読み込みスピードはPCでもスマートフォンでも同じく求められています。

読み込みスピード・表示スピードは、Webサイトのソースをシンプルにしたり画像を軽くすればよいだけではありません。

このページでも少し述べていますが、サーバによってスピードが異なることはあります。

共有サーバーでもXreaやコアサーバーよりもエックスサーバー(X20)の方が早いです。

 

▼これからドメイン取得したりサーバーを検討している方は下記の記事が参考になります。

独自ドメイン取得とレンタルサーバーの設定方法

ブラックリスト入りを経験して感じたこと

特に表示スピードはサーバーによって全然違うと感じます。

安いサーバーで十分という考え方は、ある意味自分の首を自分でしめているのと同じ。

表示スピードが2~3秒遅いだけでユーザーが離脱する時代ですからね。

いかに表示スピードが重要なのか、かわからないとWeb集客はどんどん厳しくなるでしょう。

 

レンタル共有サーバーは安いですが、ここでも述べている通り一部屋に数十名の人がいるので表示スピードはどうしても遅くなってしまいます。

逆に専用サーバーは一人部屋みたいなものですから、表示も速くサーバー自体も安定しています。

ユーザーにとって利便性が良いのは専用サーバーで運営しているWebサイトです。

ですので企業であれば専用サーバーにしておかないとユーザーにとっても困ることに。

レンタルサーバーを使っている企業で、今後3年以上ビジネスを頑張ろうと思っているのであれば早めに専用サーバーに切り替えときましょう。

 

それとまだSSLにしていない会社も早めにSSL設定もしたほうがいいですね。

この流れを見ている限り、あと何年かで9割以上のサイトがSSL化になっていると想定できます。

 

SEO診断でも調べることができます

 

よく問合せがあるので記述しておきます。

あなたのドメインまたはサーバーがブラックリスト入りしているのか、SEO診断で調べることができます。

また、万が一、ブラックリスト入りしていた場合、対処法がいくつかあります。

安全にサイト運営できるように対処法もサポートでお伝えしています。

 

そして、専用サーバーはどこがいいのか?という質問も増えてきています。

参考になればと思いまして、

私のおすすめ専用サーバーを2つと、使って良いと感じる共有サーバーをご紹介しておきます。

 

専用サーバーはどこがいいのか

ブラックリスト入りサーバーの話やドメインの話をすると、よくいろんなところで聞かれます。

おすすめの法人向け専用サーバーです。

どちらも良いですが、グランパワーさんが人気あります。

 

親切サポートと安全性の【グランパワー】
グランパワーさんの専用サーバーは手軽な価格で、安全性も高くて、最適です。

グランパワーの特徴
・専用だけでなく共有サーバーも提供している
・専用サーバーは月額8200円と格安
・管理も委託できる
・SSL証明書設定もお任せ可能
・サーバーの引越し作業をお任せできる

 

KDDIの法人向け専用サーバー
KDDIは通信会社でも大手で利用者も多く安定したサービスを提供してくれています。

KDDIサーバーの特徴
・専用だけでなく共有サーバーも提供している
・10日間無料試し期間がある
・電話サポートも充実している
・専用サーバーは都内23区に設置している

 

おすすめの共有サーバー

さくらサーバーやお名前ドットコムなど、いろんな共有サーバーがあります。

しかし私がおすすめしているのは、「エックスサーバー」と「バリュードメイン」です。

この2つがあれば、無駄な費用をかけずに安心安全なサーバーとドメイン管理ができています。

専用サーバーは高いけど、共有サーバーをまず最初に使ってみようと思う方は下記の2つがおすすめです。

 

エックスサーバーの詳細>>>
エックスサーバーのおすすめポイント
サーバーが安定している
SSLは初年度無料(2年目~年間千円)
ワードプレスの設置が簡単
アップデートもきちんとされる
メール設定(gmailとの連携もカンタン)

 

バリュードメインの詳細>>>
バリュードメインのおすすめポイント
ドメイン管理がラク
ドメイン移行もラクにできる
ドメイン精査や捨てる時も簡単
サーバーに問合せしてもきちんと回答される

 

私の場合、バリュードメインは、ドメイン管理目的で使用しています。

(保有ドメインはおよそ1000個以上あるため。これでも3分の1に減らせたんですけどね。)

サーバーは50社以上利用しているので、それぞれのサーバーにドメインを入れていると管理が大変。

そのため、ドメイン管理はバリュードメインで行い、サイト運営はサーバーを振り分けて使用するのがおすすめです。

 

 

 

ブログノウハウ
ブログ集客line

・ブログ集客で有利な検索エンジン対策
・検索エンジン対策で重要な記事作成方法
・痒いところに手が届く記事を書く方法
・商品やサービスに誘導するときの注意点
・ブログの更新頻度はどれくらいがいいのか
・ブログ設計について
・ブログ記事キーワードの探し方
・アクセス解析
・信頼されるコンテンツ記事の書き方

などなど、

ブログ集客で成功したい方向けに無料レポートをプレゼントします!

基本ブログ

この記事を書いている人 - WRITER -
Manabu
インハウスSEOとサイトアフィリ著書2冊/ヘアデザイナー/大阪→東京→パリ→大阪でサロン経営/(株)プレジャークリエーション代表取締役/店舗のWEB集客、サイトアフィリエイト、パーティヘアが得意/十二指腸潰瘍で吐血→完治まで15年/毎朝4時起床/趣味→ Les Mills program、CrossFit → プロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら
土井まなぶ 商業出版書籍はこちら


インハウスSEO 成功のための実践テクニック (Webマーケティングのプロテク)/ソシム
著者:土井まなぶ



副業で100万円稼ぐ! カンタン最強アフィリエイト サイトアフィリエイト編/ソシム
著者:土井まなぶ









Copyright© ManabuDoi , 2018 All Rights Reserved.