Web集客クリエイター 土井まなぶ

ワードプレス5.0バージョンアップを元に戻す方法と新しい投稿画面の使い方

Manabu Doi
WRITER
 
Wordpress5.0バージョンアップ







この記事を書いている人 - WRITER -
Manabu Doi
Web集客クリエーター 土井まなぶ です。美容サロン経営者、IT分野ではインハウスSEO及びアフィリエイトの著者。検索順位を上げるための施策や対策をお伝えし、Web集客に強い企業になるためのホームページ活用をサポートしています。Webのご相談はお気軽にどうぞ。
詳しいプロフィールはこちら

 

ワードプレス5.0にバージョンアップしたら、投稿画面に驚いた!という方、多いですね。

 

下記のような「今すぐ更新してください」って表示出ていたら、いつものごとく更新しますよね・・・

Wordpress5.0バージョンアップ

 

ウチもワードプレスで作成したサイト一つを昨日(2018年11月7日)更新しました。

 

WordPress5.0を更新したトタン・・・

頭の中が真っ白になりました!w

 

な、なんですか?!この画面は・・・汗。
どこをどうすれば、投稿できるの?
元の投稿画面に戻したい・・・!
こんな使いにくい画面は嫌だぁぁぁぁぁ~~~~~!!!(涙)
ダウングレードしたい。。

 

今すぐ元の投稿画面に戻すにはどうしたらいい?

誰に聞いているのかわからない独り言をつぶやきながら、元に戻す方法を必死のパッチで模索。

たぶん、このような僕と同じ状況で困っている人多いはず!(笑)

ということで、バージョンアップ前の「元の投稿画面に戻す方法(ダウングレードするやり方)」をまずお伝えします。

そして、、、

いずれ使わないといけなくなるだろう・・・
WordPress5.0の「新しい投稿画面」でわかったことも書きましたましたので参考にしてください。

 

ワードプレスをバージョンアップした状態を戻す前に

ブログ初心者の方は、とりあえずバージョンアップ前の投稿画面に戻しておいたほうが、記事更新しやすいと思います。

時間があって、新しい投稿画面に慣れようと思っている方は、バージョンアップ版にチャレンジしてみてください。

 

ということで、旧投稿画面に戻す簡単な方法を参考にどうぞ。

 

ワードプレス5.0バージョンアップをしたけど元に戻す方法

 

WordPressのプラグイン「Disable Gutenberg」をインストロールしてください。

そして、「有効化」にするだけ。

これで元の管理画面に戻ります。

(ホッ…)

 

プラグインDisable Gutenberg導入までの流れ

もう一度言いますが、Disable Gutenbergを導入すると、元の投稿画面に戻りますので、とりあえず、これまでの投稿画面に戻したい方は下記の手順でプラグインを導入してみてください。

 

①プラグイン⇒新規追加

②キーワードに Disable Gutenberg を打ち込む

 

 

Wordpress5.0バージョンアップ

 

③スコップの画面が表示されたDisable Gutenbergが出たら、「今すぐインストロール」をクリックし、有効化する。

Wordpress5.0バージョンアップ

 

これで、ひとまず元の投稿画面に戻ります。

 

 

WordPress5.0の記事投稿画面の操作方法

しかし、今後はWordPress5.0バージョンアップした記事投稿画面が標準となるようです。

そのためWordpressサイトを2つ持っている人は、一つはこれまでのままで進めていき、もう一つのブログではWordpress5.0の新しい投稿画面で操作を覚えていく方がいいかと思います。

ということで、僕もいろいろ試してわかったことを書きましたので参考にどうぞ。

 

新投稿画面の操作方法

 

ワードプレス新バージョンでは、ボタンが作れたりと色んな機能が付いています。

しかし実際、必要に応じて使えるものがありそうであれば、使うスタンスで良いと思います。

とりあえず、ここは抑えておきたい場所を紹介します。

 

タイトル設定

新しい投稿画面では、ここがタイトルになっているようです。

タイトル

ちなみにバージョンアップ前の画面ではこんな感じでタイトル入力部分がありました。

タイトル

 

タイトルを設定してしばらくすると、パーマリンクが変更できます。

 

クラシック設定とカスタムHTML設定

クラシック

左上のプラスボタンをクリックし「クラシック」を選択します。

すると、下記のような表示画面が現れます。

 

クラシック

これまで使っていたビジュアル投稿ページと同じタイプのものですね。
(少し小さいですけど・・・)

ちなみに「カスタムHTML」はHTML専用となり、ビジュアルでの表示切替はできないようです。

テキスト投稿表示させる場合は、「クラシック表示の右上(下記図)」をクリックすると「ビジュアル編集」が表示されます。

テキスト表示

このビジュアル編集がHTMLテキスト部分になります。

 

アイキャッチ画像の設定

アイキャッチ

サイドバーに「アイキャッチ画像」がありますので設定しましょう。

 

公開する

公開する

コンテンツ記事が書けたら、投稿画面右上にある「公開する」ボタンをクリックして公開します。

時間を決めて公開できたり、保存したり今までとそんなに変わらないかと思います。

 

 

ワードプレスバージョンアップまとめ

 

ここは抑えておきたいという箇所だけ参考にしていただければ幸いです。

あとは、自分でいろいろ使ってみてください。

 

文中でも書きましたが、ワードプレス5.0の投稿画面が今後、標準になるようなので、いずれにしても使い慣れするしかありませんね。

なんでもそうですが、新しいものが出た時に使いこなせる人が強いです。

使い慣れしないのは、自分だけでなく、みんな同じなので一つ一つやっていく他ありません。

がんばりましょう!

 

▼下記の記事も読まれています

 

 

ブログノウハウ
ブログ集客line

・ブログ集客で有利な検索エンジン対策
・検索エンジン対策で重要な記事作成方法
・痒いところに手が届く記事を書く方法
・商品やサービスに誘導するときの注意点
・ブログの更新頻度はどれくらいがいいのか
・ブログ設計について
・ブログ記事キーワードの探し方
・アクセス解析
・信頼されるコンテンツ記事の書き方

などなど、

ブログ集客で成功したい方向けに無料レポートをプレゼントします!

基本ブログ

この記事を書いている人 - WRITER -
Manabu Doi
Web集客クリエーター 土井まなぶ です。美容サロン経営者、IT分野ではインハウスSEO及びアフィリエイトの著者。検索順位を上げるための施策や対策をお伝えし、Web集客に強い企業になるためのホームページ活用をサポートしています。Webのご相談はお気軽にどうぞ。
詳しいプロフィールはこちら
土井まなぶ 商業出版書籍はこちら


インハウスSEO 成功のための実践テクニック (Webマーケティングのプロテク)/ソシム
著者:土井まなぶ



副業で100万円稼ぐ! カンタン最強アフィリエイト サイトアフィリエイト編/ソシム
著者:土井まなぶ









Copyright© Web集客クリエイター 土井まなぶ , 2018 All Rights Reserved.